団地に住む

社宅とは、会社で保有する社員のために管理された不動産のことですが、一般の賃貸物件と比べたら格安で借りることができるという特徴があります。
会社で管理も依頼しているために、物件はきちんと手入れをされているために住みやすいですし、周りは同じ会社の家族の人達なので、全く見知らぬ人が住んでいるわけではないという安心感があります。
そして一番のメリットは、その賃料の安さです。
会社が保有する不動産を社宅として管理している関係上、その賃料で収益を上げるわけではないために、かなり格安の家賃設定となっているのが特徴であり、その分預貯金に回すことができます。
会社によってはその利用期間に期限を定めているところもありますので、その間に蓄えを増やして将来のマイホーム購入のための資金にすることもできます。

もちろん、その不動産として保有している期間によっては古さもあるかも知れませんが、社宅としてきちんと管理され手入れをされているために住みやすさは劣ることはないですし、その間にも住み心地はそれなりに良いものではあります。
一時は企業の経営上の都合により、保有する不動産の処分が進む中で社宅も減らされる時期もありましたが、ここ最近では再び脚光を浴びています。
特に若い世代のためにシェアハウスのようなスタイルの社宅も多く誕生しています。
そこで様々な交流を通じて人材としての成長も望まれているわけです。
それもぜひ利用したいものです。
場合によっては異業種同士が協力してひとつの物件に様々な業界の社宅が入っているものもあり、ぜひ利用したいところです。

社宅は、従業員の福利厚生として、会社が貸し出す住宅のことです。
社有地に用意したり、賃貸マンションなどを借り上げて、借り上げ社宅にする事もあります。
個人生活を重んじて、集団生活をよく思わないなど従業員の考え方が変化してきており、福利厚生費の削減などで社宅制度をやめる企業も増えてきています。
近年では、社宅代行サービスが増えてきています。
不動産賃貸業・不動産仲介業などがそのサービスを確立しました。
これらの会社は、借上げ社宅に関わるあらゆる業務を代行してくれます。
これは、代行会社が依頼人の代理となって業務を代行するというもので、新規・更新・解約処理のほか、トラブルにも対応してくれます。
また、設備保守や契約、そして入退居管理、入金管理などといった事もしてくれる会社がありますので大変便利です。
管理代行のメリットは、たくさんあります。

大きな部分を占めるのは転勤借上社宅の事例で、一番管理業務に手がかかります。
社宅を借上げている会社であれば、最新のサービスをチェックして、より簡単になる運用がないかを検討すると良いです。
一般によく言われるメリットとしては、中心業務への人的資源の集中と、業務の質を上げられる事です。
また、管理業務に関しては、入居時の契約や退居時の交渉のときに不動産についての知識を借りられることや、煩雑な事務作業が減るという利点があります。
不動産知識が豊富にあれば、未然に防げるトラブルもあります。

団地

社宅とは、社員のために用意されている賃貸物件のことです。
会社が管理している不動産の場合もありますし、民間の賃貸物件を借り上げている場合もあります。
自社で保有する不動産を社宅として提供している場合には、管理もきちんとされているケースが多いものです。
また、家賃設定も相場と比べるとかなり安くなるのも特徴です。
それゆえに、入居期限が決まっている場合が多くみられます。
多くの世帯が入居するマンションなどは、どのような住人がいるのかわからない不安もありますが、社宅の場合には同じ会社の家族で埋まっているケースが多いので、その点安心感はあります。

また、会社の不動産として資産管理されているために、多少築年数が経っているとしても住み心地が良い場合が多くみられます。
社宅といえばこれまではファミリータイプが多いものでしたが、最近では単身者のためのものが多くなってきています。
これまでのように、会社の不動産として管理されてきたようなものとは違い、他の業種と一緒になっているタイプ、いわゆるシェアハウスのようなスタイルのものが増えている傾向があります。
これは、異業種との交流によって、多くの情報を得たり発想力を豊かにするなどの効果を期待してのことである場合が多いのです。
一棟丸ごと借り入れるわけではなく、一部屋ずつの契約になるので、多少コストはかかることになりますが、人材育成という面から考えると、決して高いコストではないとみられているわけです。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年8月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031